ながのこどもの城いきいきプロジェクトについて

表彰状長野の子ども達の心身共に健やかな成長を心から願う人々が集まって、平成9年に「ながのこどもの城づくりを進める会」として発足しました。平成14年10月にNPO法人の認可を得て「ながの子どもの城いきいきプロジェクト」と名称を変え、拠点型こども広場事業「こども広場じゃん・けん・ぽん」を中心として、子どもや子育てに関する支援事業、あそび・体験に関する事業、こどもの心と体の相談事業など様々な活動をしながら現在に至っております。

 

理事長挨拶

 平成30年度より、藤森前理事長の後任として理事長を拝命いたしました。こども広場じゃん・けん・ぽんでは、月に1回程度「子どもの心と体の相談」を担当しています。
 昭和の時代から平成へ、さらに新しい元号が始まろうとしています。急激な少子高齢化や格差社会、インターネット、スマホなどの情報通信の進化発展など子ども達が育っていく社会環境は目まぐるしく変化し、子育てに対する情報も多種多様になり、その事がさらに子育てに対して感じる不安や悩み事を増やしている部分も見られます。
 経済効率が優先し、全てに速さや便利さが求められる社会ですが、子ども達が発育発達し成熟した大人になっていく速度は、以前と変わりません。社会全体が、手をかけ時間をかけ子どもの育ちを見守っていく必要があります。
 長野の地での日々の子育ての中、時間がない、手が足りない、心配なことがある、不安がいっぱい、そんな時に頼られる「ながのこどもの城」でありたいと思います。
 たくさんの笑顔と子ども達の歓声を積み重ねて、こども広場は平成31年には来館者が90万人を超えます。これからも、ゆっくりと時間をかけて子ども達が成長していけるよう、そしてこども広場「じゃん・けん・ぽん」という場所が少しでも子ども達や母親、ご家庭、地域での子育ての支えになれるようスタッフ一同努力して参ります。

平成30年7月
NPO法人ながのこどもの城いきいきプロジェクト
理事長 田中 宗史

 

 

 

定款

 

役員

 

事業報告

 

あゆみ

平成9年9月25日 ながの「こどもの城」づくりを進める会として発足

活動内容
・乳幼児を持つ親と子の子育てサロン
・小学生以上の親のための子育てサロン
・こどもの心とからだの相談室
平成10~12年 こどもフェスティバルの開催、アンケート調査の実施
平成11年~現在 日赤遊び広場、グリーンファームの会の開催
平成12年 子育て情報誌「ぷれいmate」の発行
カウンセリング学習会
こどもの文化活動に関する講座
平成13年~ 冬の遊びの広場の開催
平成14年10月 NPO法人格取得 現在に至る
平成15年4月 長野市より遊びの広場「じゃん・けん・ぽん」運営委託
平成18年4月 「じゃん・けん・ぽん」長野市指定管理者となり運営
平成19年9月 設立10周年記念
休日マタニティセミナー(長野市保健所協働事業)  
平成20年12月  あしたのまち・くらしづくり活動賞子育て部門で
「内閣官房長官賞」を受賞
平成21年4月
~平成23年3月
こども広場じゃん・けん・ぽん指定管理者2期目に入る
平成21年4月 長野市ファミリー・サポート・センター運営委託 現在に至る
平成21年12月 入館者40万人達成記念
平成23年7月 入館者50万人達成記念
平成23年4月
~平成29年3月
こども広場「じゃん・けん・ぽん」指定管理3期目
平成24年5月 スマイル増やそうプロジェクト(長野県新しい公共の場づくりのためのモデル事業)
平成24年11月 子ども若者育成・子育て支援功労者 内閣府特命担当大臣表彰受賞
平成24年12月 こどもの城活動15周年記念
平成25年4月 
~平成26年3月  
スマイル増やそうプロジェクト(ながのまちづくり活動補助金)
平成25年6月 入館者60万人達成記念 
じゃん・けん・ぽん10周年記念事業(もんぜんぷら座10周年記念事業と共催)
平成26年9月 ホームスタート事業開始
平成26年6月 入館者70万人達成記念 
平成27年7月 長野市ファミリー・サポート・センター 病児病後児事業開始
平成28年7月 こどもの城20周年記念「ながのこどもわくわくフェスタ」開催
(平成28年度地域発元気づくり支援金事業)
平成28年10月 全国子育てひろば実践交流セミナーinながの 現地事務局
平成28年11月 長野県「地域発元気づくり大賞」受賞
平成29年2月 ホームスタート産前産後訪問開始
平成29年6月  入館者80万人達成記念
平成29年8月~ 居場所運営を通じた子育て・子育ち支援事業(ながのこどもわくわくカフェ)開始
平成30年5月 NP全国フォーラム 開催


>>プライバシーポリシー