ながのこどもの城いきいきプロジェクトについて

ながのの子ども達の心身共に健やかな成長を心から願う人々があつまって、平成9年に「ながのこどもの城づくりを進める会」として発足しました。平成14年10月にNPO法人の認可を得て「ながの子どもの城いきいきプロジェクト」と名称を変えいろいろ活動をして現在に至っております。

平成15年6月長野市よりこども広場「じゃん・けん・ぽん」(もんぜんぷら座)の運営を委託され、更に平成18年4月より長野市指定管理者となって 「じゃん・けん・ぽん」の運営に携わってまいりました。

「じゃん・けん・ぽん」は乳幼児とその保護者が天候に左右されずに遊べる場を提供し、また子育て中の悩み・不安の解消、楽しく明るい家庭づくりのための支援を専門家、こども広場スタッフ、子育て支援ボランティアなどの連携で行っております。 毎日200人前後の親子連れでにぎわっており、平成21年1月には開設以来35万人の入場者を数えております。

表彰状

平成20年12月にはこれまでの活動が認められ、あかるいまちづくり活動賞子育て部門内閣官房長官賞を受賞しました。これを励みとして活動を益々広げながのの子どもたちの夢を少しでも大きくふくらませることが出来るよう、そして地域ぐるみ子育てのお役に立つようスタッフ一同努力して参ります。

NPO法人ながのこどもの城いきいきプロジェクト
理事長 藤森 克之

あゆみ

平成9年9月25日 ながの「こどもの城」づくりを進める会として発足

活動内容
・乳幼児を持つ親と子の子育てサロン
・小学生以上の親のための子育てサロン
・こどもの心とからだの相談室
平成10~12年 こどもフェスティバルの開催、アンケート調査の実施
平成11年~現在 日赤遊び広場、グリーンファームの会の開催
平成12年 子育て情報誌「ぷれいmate」の発行
カウンセリング学習会
こどもの文化活動に関する講座
平成13年~ 冬の遊びの広場の開催
平成14年10月 NPO法人格取得 現在に至る
平成15年4月 長野市より遊びの広場「じゃん・けん・ぽん」運営委託
平成18年4月 「じゃん・けん・ぽん」長野市指定管理者となり運営
平成19年9月 設立10周年記念
休日マタニティセミナー(長野市保健所協働事業)  
平成20年12月  あしたのまち・くらしづくり活動賞子育て部門で
「内閣官房長官賞」を受賞
平成21年4月~
 平成24年3月
こども広場じゃん・けん・ぽん指定管理者2期目に入る


>>プライバシーポリシー